2018.3.27

​サタデースクール体験版ワークショップレポート ver.2

サタデースクール体験版ワークショップレポート ver.1では、下記に示した当日のプログラムの ​④発表 & 投票までの様子を、写真と文章でお伝えしました。

 

今回のレポート ver.2では、⑤フリーセッション の様子、⑥仁禮によるショートプレゼン、そして今回のワークショップのまとめを書かせていただきます。拙い文章ではありますが、写真とともに最後まで読んでいただけると嬉しいです!

​当日のプログラム概要

① ピョートルによるショートプレゼン

「これから世界に起こる変化」というテーマで、テクノロジーがもたらした変化や人の生き方の変化についての15分間のプレゼンを聞きました。

② ソロワーク

ピョートルのプレゼンを踏まえた上で「2020年にあるべき中学校」をワークシートを用いて一人ひとりに考えてもらいました。

③ グループワーク

子供チーム、大人チームに別れて、4人1組のグループを作り、ソロワークの内容を踏まえて「2020年にあるべき中学校」について真剣にディスカッションしました。

④ 発表 & 投票

​各グループで自分たちが考えた「2020年の中学校」について発表しました。発表の内容を踏まえて「自分が通いたい!」と思った学校に投票しました。

⑤ フリーセッション

投票結果を踏まえて、大人も子供も関係なく自由に議論をし、テーマについてさらに深堀ったディスカッションをしました。

⑥ 仁禮彩香によるショートプレゼン

「Hand-Cが2020年に設立する中学校」について15分間のプレゼンを行い、今回のワークショップを締めくくりました。

​⑤ フリーセッション

グループワークの発表時に、子どもチームから「学校の先生だけでなく、自分が学びたい先生から学びたい」との意見があり、フリーセッションで仁禮が子どもたちに質問。「どんな先生から学びたい?例えば?」この質問に、子どもたちが手をあげてどんどん答えます。「脳科学者の茂木さん!」「青山学院駅伝部の原監督!」「劇団四季からも学んでみたい!」などなど。

ピョーさんがさらに質問。「それはなんでそう思う?」​子どもたちが答えます。「どうやったらチームとして1つの目標に向かえるのか聞いてみたい。」「モチベーションをどうやって作ってるのか知りたい。」など。

​ただ意見をいうだけでなく、質問をすることでさらに考えを深めていくことができました!

投票の結果は、子どもチームに票が一番多く集まりました!しかし、大事なのは投票結果を踏まえてのその後の議論です。大人も子ども関係なく、白熱した議論を繰り広げました。

​⑥ 仁禮彩香によるショートプレゼン

​2時間近く頭をフル回転させているにも関わらず、高い集中力で仁禮のプレゼンに聞き入っています。

仁禮自身の成長過程、日本の学校教育の現状、これからの社会に必要な学びのあり方。テンポよく話を進めていきます。そして、Hand-Cが「2020年の中学校」を立てるためのプロジェクトが始動していて、サタデースクールはその第一歩目である、と力強く参加者の目を見ながら伝えていきます。

最後にサタデースクールのメンターが6人紹介され(近日中に公開いたします!)、「共に考え行動しよう!」というメッセージで今回のワークショップが締めくくられました。

Hand-Cの新たな取り組みである「New School Project」の第一歩目であるサタデースクール。そのサタデースクールの「体験版」という位置付けで今回のワークショップを開催しました。小学生、保護者、大人、大学生、と幅広い世代で同じテーマを扱い、進行が難しいかも。。と危惧していましたが、なんの心配もいりませんでした!会場にいる参加者のエネルギー量は凄まじく、気づけば2時間があっという間にすぎていました。学びが多い素晴らしい回になったと思います。

5/12(土) から始まるサタデースクールでは今回のワークショップのように、グループワークやディスカッションを通じてPresentation、Active Listening(傾聴力)、Team Workなどのスキルを育んでいきます。さらに、多様なテーマを取り扱いながら、自己認識、自己表現、自己実現へと繋げるプログラムとなっています。

2020年、そしてその先の社会に対して私たちは何ができるのか。「自らの人生を切り開いていける人を育む」というコンセプトのもと「New School Project」は始動しています。千里の道も一歩から。一歩目が素晴らしいものになる予感しかありません。笑

Hand-Cが進む道は多くの人に支えられながら、社会と共に創り上げていくものです。参加者の皆さま、ありがとうございました!!

(2018.3.27)

© 2019 TimeLeap Inc. | Privacy Policy